ラムの実カプ・ブルルの調整

 

こんにちは.うじやんです.

 

サンムーンが発売されてから1ヶ月以上が経ちましたが,皆さんはポケモンの育成や対戦を楽しんでるでしょうか?

私は,この1ヶ月間に4VメタモンやUB含む準伝説の厳選をしてきました.

 

さて,今回はもう少しでポケバンクが解禁されるということで,ポケバンク解禁後に確実に流行るであろうと見据えているポケモンを紹介します.

そのポケモンとは,ラムの実持ちのカプ・ブルルです.

 

カプ・ブルルは,島の守り神の4体のうちの1体で,グラスフィールド下におけるA種族値130からのタイプ一致草技の火力は化け物だと言われています.

威力120草技のウッドハンマーは,グラスフィールド下であれば,鉢巻ガブリアスの逆鱗と同じ火力で技が固定されずに放つことが出来ます.弱いわけがありません.

現環境では,火力を重視した鉢巻持ち,特殊に安定して後出しできるチョッキ持ちが多いですが,今回はそれらの持ち物以外で型を考察しようと思います(同じ型を紹介してもあまり面白くないですからね).

 

バンク解禁後は電磁波の弱体化などによって,バシャーモが猛威を振るうと周りで言われております.そのバシャーモを止める先として,クレセリアカバルドンスイクン辺りが上げられ,それらのポケモンは確実に増えると思っております.スイクンは,バシャーモの受け先としてはあまり安定しませんが,今作ではレベル技でぜったいれいどを習得したことにより,ORASよりさらに個体数が増加すると考えています.

それらのバシャーモ受けのポケモンの中で,カプ・ブルルカバルドンスイクンに対して一致で弱点を突くことが出来ます.しかし,この2体は起点を作ることも出来,後出ししたとしてもこちらが不利になってしまうこともあります.

そこで,カバルドンスイクンに後出しで処理ができ,かつ起点を作らせないラムの実持ちのカプ・ブルルを紹介します.詳細は以下の通りです.

 

H:HP,A:攻撃,B:防御,C:特攻,D:特防,S:素早さ

ポケモン名)A:リージョンフォルム

 

 f:id:uji_yannn:20170620220203g:plain

カプ・ブルル

性格:いじっぱり

持ち物:ラムの実

努力値:H124,A220,S164

実数値:161-195-135-*-115-116

技構成:ウッドハンマーウッドホーンストーンエッジしねんのずつき

その他技候補: ばかぢから,メガホーンしぜんのいかり,やどりきのたね,みがわりなど

 

☆性格について

火力を補強できるいじっぱり(攻撃 ↑ 特攻 ↓ )で確定です.仮想敵を一撃で倒すためには,火力を補強できる性格にすることは必須です.

 

☆持ち物について

ラムの実で確定とします.使い方としては,カバルドンのあくびやスイクンの熱湯に対して後出しすることで,眠りや火傷を気にせずに処理することが出来ます.今回の型では必須です.

 

努力値配分について

H・・・たべのこしやグラスフィールド下での回復量が最大になる16n+1

A・・・HB特化カバルドングラスフィールド下で 確定1発

S・・・準速メガボーマンダをこごえるかぜでS抜き調整したスイクン抜き

Sに関しては,最速ガブリアスをこごえるかぜでS抜き調整したスイクン抜き(実数値114)にする案もありますが,サンムーンでメガシンカ後の素早さについて見直しがされた影響で,今後準速メガボーマンダが増えることを考えているため,このような調整としました.どちらに調整しても良いと思います.

 

☆技構成について

最大火力のウッドハンマーをはじめ,グラスフィールド下での高威力回復技のウッドホーン,飛行タイプ対策のストーンエッジ,毒タイプ対策のしねんのずつきという技構成です.その他にも,カバルカリオ構築のルカリオを一撃で倒すばかぢから,耐久ポケモンを無理矢理削るしぜんのいかりなどが候補として挙げられますが,どのような技構成にするかはパーティと相談して決めると良いと思います.

 

☆ダメージ計算

ウッドハンマーウッドホーンは,グラスフィールド下におけるダメージを計算しております.グラスフィールドが無い場合におけるダメージは,それぞれのダメージの百分率を1.5で割れば,大まかなダメージを計算することが出来ます.今回はグラスフィールド下での運用を前提としているため,割愛しております.

 

ウッドハンマー

・H215-B187(HB特化)カバルドン・・・100.4%〜118.1%(確定1発)

今回の仮想的その1.A220振りでちょうど確定1発となります.これよりも努力値が少ないと確定にならないので注意してください.

 

・H207-B183(HB特化)スイクン・・・105.3%〜125.6%(確定1発)

今回の仮想的その2.スイクンカバルドンよりも物理耐久が少し低いため,余裕を持って確定で落とすことが出来ます.

 

・H227-B189(HB特化)クレセリア・・・46.6%〜55.5%(中乱数2発(68.8%))

こちらはステロ込みで確定2発になります.とはいえ,クレセはゴツメ持ちが多くHPも高いため,こちらのHPがゴリゴリ削れ,生存はしますが致命傷を負います.一応クレセリアはふゆうを持っているため,グラスフィールドで回復される心配はありません.

 

・H202-B144(HB特化)ギャラドス・・・46%〜53.9%(中乱数2発(46.5%)・威嚇込み

こちらもステロ込みで確定2発になります.ステロ無しであれば,後述するウッドホーン2発+ウッドハンマー1発で確定です.メガ無しギャラドスは飛行タイプなので,グラスフィールドで回復される心配はありません.

 

・H171-B99(H4振り)ギャラドス・・・78.9%〜92.9%(確定2発・威嚇込み

耐久に割いていないギャラドスであれば,ウッドホーン1発+ウッドハンマー1発で確定で倒せます.さらに,威嚇が入っていなければウッドハンマーで確定1発.なんておそろしい火力…

 

・H192-B110(H全振り)輝石ポリゴン2・・・63%〜75%(確定2発)

H振りのみのポリゴン2であれば,グラスフィールドの回復込みでも2発で落とすことが可能です.ただ,ダメージが削れることを嫌う場合は,後述するばかぢからと合わせて確定で落とすことも可能です.

 

・H192-B156(HB特化)輝石ポリゴン2・・・45.3%〜53.6%(中乱数2発(41.4%))

HB特化のポリゴン2だと,グラスフィールドの回復を入れると少し厳しいです.ダメージ量を判断し,素直に裏に交代した方が良さそうです.

 

・H183-B115(無振り)ガブリアス・・・93.4%〜110.3%(中乱数1発(62.5%))

主人公ガブリアスであっても,この火力では半分以上の確率で倒されてしまいます.確定で倒すには,力の鉢巻以上の火力アップアイテムが必要ですが,今回は型の都合上見送らさせて頂いてます.また,フェアリータイプの増加で毒づき持ちのガブリアスも増えているので,あまり安易に突っ張らないようにしましょう.

 

ウッドホーン

・H215-B187(HB特化)カバルドン・・・62.3%〜75.3%(確定2発)

対面でHPを確保したい場合におすすめ.回復はしてもゴツメダメージが入ってしまうことには注意しましょう.

 

・H215-B138(H全振り)カバルドン・・・84.6%〜100.4%(超低乱数1発(6.3%))

こちらも対面でHPを確保したい場合におすすめ,カバルカイリューに入っていカバルドンはオボンの実持ちが多いため,こちらのほうがよりHPを確保できるという利点があります.

 

・H207-B183(HB特化)スイクン・・・66.6%〜79.2%(確定2発)

対面でHPを確保したい場合におすすめ.回復はしてもゴツメダメージが入ってしまうことには注意しましょう.また,ぜったいれいどの試行回数に注意.

 

・H207-B135(H全振り)スイクン・・・89.8%〜105.3%(低乱数1発(31.3%))

こちらも対面でHPを確保したい場合におすすめ.ですが,H振りのみのスイクンは上から毒身代わりをしてくる可能性が多いので,対面であればウッドハンマーの方が安定する場合があります.また,ぜったいれいどの試行回数に注意.

 

・H202-B144(HB特化)ギャラドス・・・28.7%〜34.1%(超低乱数3発 (1.3%)・威嚇込み

こちらは前述した通り,ウッドホーン2発+ウッドハンマー1発で確定です.メガ無しギャラドスは飛行タイプなので,グラスフィールドで回復される心配はありません.

 

・H171-B129(H4振り)メガギャラドス・・・112.2%〜133.3%(確定1発)

威嚇が入っていなければ,耐久に振っていないメガギャラドスは確定で倒すことが出来ます.

 

・H202-B129(H全振り)メガギャラドス・・・95%〜112.8%(高乱数1発(68.8%))

こちらは耐久に若干割いたメガギャラドス.確定とまではいきませんが高い確率で落とすことが可能です.

 

ストーンエッジ

・H167-B130(H全振り)ガラガラA・・・68.2%〜81.4%(確定2発)

交代際のウッドハンマー1発とストーンエッジ1発で,グラスフィールドの回復込みでも確定で落とすことが出来ます.いわなだれにすると乱数2発になってしまうので注意してください.

 

・H171-B100(H4振り)ボーマンダ・・・58.4%〜69%(確定2発・威嚇込み

交代際に1発入れた場合のダメージです.メガ進化した後にもう1発入れると高乱数で倒せますが,そのまま突っ張ってしまうとスカイスキン技が飛んできたり,はねやすめ・りゅうのまいで起点にされてしまうので,1発入れた後は素直に裏に交代しましょう.

 

・H171-B150(H4振り)メガボーマンダ・・・58.4%〜69%(確定2発)

こちらも交代際に1発入れた場合のダメージです.1発入れた後は素直に裏に交代しましょう.

 

しねんのずつき

・H155-B100(無振り)メガバシャーモ・・・76.1%〜90.3%(確定2発)

耐久に振っていないメガバシャーモあれば,交代際のしねんのずつきフレアドライブの反動で,グラスフィールドの回復が守る込みで2回入っても高乱数で相打ちには持っていけます.ですが,メガバシャーモは耐久に割く場合もあるので,ダメージ量と後続のことを考えて居座るか交代するかを選択しましょう.

 

・H135-B80(無振り)ゲンガー・・・108.1%〜128.8%(確定1発)

こちらも交代際に打つときに有用です.しかし,ゲンガーは襷である可能性が高く,メガであればH振りしている個体も多いので,1発で倒せる可能性は低いです.倒せなかったら素直に裏に交代しましょう.

 

<ばかぢから>

・H145-B108(無振り)メガルカリオ・・・112.3%〜132.8%(確定1発)

メガルカリオが剣の舞や悪巧みで悠長に積んでくるのを許さないための技です.交代際に打てる技としても有用です.ウッドハンマーでは確定で倒せないので注意しましょう.

 

・H192-B110(H全振り)輝石ポリゴン2・・・56.2%〜66.6%(確定2発)

H振りだけであればウッドハンマー2発で倒せますが,HPを確保したい際にウッドハンマー+ばかぢからで落とすことも出来ます.HB特化のポリゴン2は落とせないので注意しましょう.

 

☆被ダメージ計算

<物理耐久>

・A132(無振り)カバルドン 氷の牙・・・29.8%〜36%(中乱数3発)

氷の牙持ちのカバルドンでも,グラスフィールドの回復込みだと3発受けることが可能なので,十分に安定すると思います.もし氷漬けにされたとしても,ラムの実があるので安定はしています.

 

・A145(無振り)ギャラドス 氷の牙・・・33.5%〜39.7%(確定3発)

ゴツメギャラドスの場合,こちらがウッドホーングラスフィールドで回復させると,氷の牙を3耐えしながら突破することが可能です.

 

・A194(特化)ギャラドス 氷の牙・・・44.7%〜53.4%(低乱数2発(26.2%))

アタッカーギャラドスであっても,グラスフィールドの回復量を考えるとほぼ2耐えすることが出来ます.

 

・A182(A252振り)ガブリアス 炎の牙・・・42.2%〜49.6%(確定3発)

炎の牙を持っているガブリアスでも,2発受けることが出来ます.剣の舞後でも1発は受けることが出来ます.剣の舞Z技は諦めましょう…

 

・A200(特化)ガブリアス 炎の牙・・・45.9%〜54.6%(中乱数2発(49.6%))

こちらはスカーフを想定した意地っ張りガブリアスの炎の牙.グラスフィールドの回復を合わせると高乱数で2発受けることが出来ます.

 

・A182(A252振り)ガブリアス 毒づき・・・101.8%〜121.7%(確定1発)

毒づき持ちのガブリアスはどうしようもないので,諦めましょう…

 

<特殊耐久>

・C110(無振り)スイクン 冷凍ビーム・・・40.9%〜48.4%(確定3発)

Cに大幅に振られていなければ,スイクンの冷凍ビームをグラスフィールドの回復込みで2発受けることが出来ます.もし氷漬けにされたとしても,ラムの実があるので安定はしています.

 

・C200(特化)眼鏡カプ・テテフ  サイコキネシス・・・82.6%〜97.5%(確定2発)

ほとんどのカプ・テテフよりもブルルのほうが遅いため,フィールドを取られることはほぼありませんが,眼鏡である場合を考慮しても1発耐えることができます.返しのウッドハンマーで1発で持っていくことが出来ますが,相打ちになってしまいます.眼鏡でなければ,こちらが生存しながら倒すことが出来ます.

 

・C172(特化)ポリゴン2(C1段階 ↑ )冷凍ビーム・・・94.4%〜111.8%(高乱数1発(68.8%))

C特化されている場合は,対面で打ち勝てる確率は低いです.Cに振られていないにしても,物理耐久に割かれている場合が多いので,ポリゴン2対面は基本的に不利だと考えておきましょう.

 

 

おわりに

 

今回は,バンク解禁後に出てくるスイクンカバルドンをみれるカプ・ブルルを紹介しました.中にはぶっぱで運用する人も居たり,細かい耐久調整を施して使用する人も居たりと,育て方は人それぞれだと思いますが,この記事もあくまで一つの案として参考程度に閲覧して頂ければ幸いです.次回も,出来れば自分の考えの上で育成論を上げられればと思いますので,興味があれば閲覧の程よろしくお願い致します.

 

また,ダメージ計算の欄で載せて欲しい計算があれば後ほど付け足しますので,コメント欄にご記入の程よろしくお願い致します.

 

それでは(^^)