信用可能カプ・テテフの調整案

こんにちは,うじやんです.

約2ヶ月ぶりに記事を投稿することになりました.

前回の記事においては,本当に沢山の方が閲覧してくださり,感謝の気持ちでいっぱいです.本当にありがとうございます.

 

さて,今回投稿するのはお待ちかねのパーティ構築の記事…ではなく,ポケモンの単体考察の記事となっております.

焦点を当てたのはこのポケモン

f:id:uji_yannn:20170920160242g:plain

カプ・テテフです!

このポケモンといえば,先制技が無効になる特性を持ち,一時期シングルレートの使用率1位にも登り詰めたポケモンです.

また,私のパーティにおいてもアイドル枠()として活躍しているポケモンです(戦う相手からは嫌われがちなアイドルですが).

 

この強力な特性を活かしたカプ・テテフですが,最近のシングルレート環境ではバトン展開によって上から殴る戦術が増加しており,耐久のない(特に物理方面)カプ・テテフにとっては厳しい環境になっているのではないでしょうか?

そしてバトン展開といえば,真っ先に思い浮かべるのはこのポケモンでしょう.

f:id:uji_yannn:20170705150608g:plain

そうですね,バシャーモです.

バシャーモと言えば,今まさに考察しているカプ・テテフと組み合わせて『テテフバシャ』という並びを形成し,先制技を無効にしつつ上から殴る戦術が強力ですよね.

このような強力な戦術により,テテフとバシャが組まれた構築が多いのは事実ですが,もしもその戦友同士であるカプ・テテフバシャーモが対峙した場合,どうなるのでしょうか.答えとしては,襷を所持していない場合テテフ側が基本不利になります.

カプ・テテフは拘りスカーフを所持していることが多いのですが,メガ石の所持率が高いメガバシャーモの場合,守るの後は種族値的に素早さを抜いている場合が多いです.逆に,メガバシャーモの性格が素早さに補正を掛けていない意地っ張りであることを見越して,カプ・テテフの性格を素早さ補正の臆病にするのもアリですが... あちらも素早さに補正を掛けていない保証など無いですし,なにより特攻に補正を掛けないことによる火力ダウンが痛いので,他のポケモンに対して役割が持ちにくくなる可能性もあります.

 

そして,最近のバシャーモにはバトンタッチがよく搭載されており,バトン先の主な候補としては次のポケモンが挙げられます.

f:id:uji_yannn:20170705154607g:plain   f:id:uji_yannn:20170920202022g:plain

霊獣ボルトロスカプ・レヒレですね.

バシャーモ含め,このようなポケモンが入っている場合には真っ先にバトンを警戒しなければならない,そのような環境になりましたね.そして,このようなバトン構築こそ,私のパーティで最も苦手としていた構築となっております.特に霊獣ボルトロスに関しては,電気・格闘・氷(めざぱ)の広い技範囲で攻撃することが出来,命中不安技であってもZ技化で必中にしてしまうという,まさに現環境ではどのパーティにおいても対策必須のポケモンになっているのではないでしょうか.

 

私の率直な感想になりますが,バシャーモ・バトン先2体を1体でまとめて処理するのはかなり厳しいと思っています.バシャーモ・霊獣ボルトロスカプ・レヒレの並びがあったとして,この3体の並びに有用なポケモンはごく少数に限られると思います.

そこで,バシャーモ+バトン先の2体を一気に倒せるようなポケモンの考察を諦め,いかに起点を作らせないかに焦点を当てて考察することにしました.今回相手のバトン構築に際して考えたポイントは以下の2つとなります.

①(メガ)バシャーモに対面で処理できる

②裏のバトン枠に対して起点を作らせない

この2点を考慮した結果,フィールド込みで火力もあり,耐久もそこそこ振ればメガバシャの攻撃も耐えることが出来る,以下のカプ・テテフの調整にたどり着きました.このカプ・テテフは火力に振らずに耐久と素早さに努力値を割いたものであり,中速程度のポケモンは上から殴り,高速ポケモンに対しては耐えてエスパーZで殴るということをコンセプトにしております.調整の結果,対バトンバシャ以外にも色々なポケモンに対して『耐えて殴る』を実現することが出来ました.以下に詳細な調整を述べます.

 

☆調整案紹介

※ここでは,以下のように一部の言葉を略して表記しております.

H:HP, A:攻撃, B:防御, C:特攻, D:特防, S:素早さ

 

f:id:uji_yannn:20170705150501g:plain

カプ・テテフ@エスパーZ

性格:臆病

努力値:H188,B124,S196

実数値:169 - × - 111 - 150 - 135 - 154

確定技:サイコキネシスムーンフォース

選択技:サイコショックシャドーボール,気合い玉,10万ボルト,目覚めるパワー(炎),自然の怒り,挑発など

調整先:HB・・・A特化メガバシャーモフレアドライブ確定耐え

    HD・・・C無補正全振りの霊獣ボルトロスの10万ボルトZを最高乱数以外耐え

    S ・・・準速霊獣ボルトロス抜き

 

技構成について,主力技のサイコキネシスムーンフォースは確定とし,パーティに応じて選択技を決定する,というようになると思います.また,この努力値調整は,メガバシャーモに対して最低1回の行動保証があり,エスパーZで裏にいるであろう霊獣ボルトロスに起点を作らせない調整となっています.

ただ,この調整を見てある疑問が浮かぶ方もいるでしょう.それは,HDの調整とSの調整を見れば分かると思います.HDはC無補正全振り,つまり『臆病』な霊獣ボルトロスに焦点を当てて調整を行っています.一方で,Sは準速つまり『控えめ』な霊獣ボルトロスに焦点を当てて調整を行っています.同じポケモンであるはずなのに,なぜ性格の違う個体に焦点を当てているのか,それは以下の戦況を見てもらえばわかると思います.

 

①霊獣ボルトロスが臆病(S補正有り)の場合

f:id:uji_yannn:20170705150501g:plain   VS  f:id:uji_yannn:20170705154607g:plain

 臆病          臆病

試合開始!!

この場合,霊獣ボルトロスカプ・テテフの上から攻撃を仕掛ける事が出来ます.技の選択としては,テテフの火力的に悪巧みや高速移動を悠長に積めないはずなので,10万ボルトの電気Zかヘドロウェーブが飛んでくると思います.最高打点である電気Zは,以上の調整から最高乱数以外で耐えることが出来る為,返しのエスパーZで落とす事が出来ます.

また,電気Z以外に気合いの襷や突撃チョッキの可能性もありますが,その場合は10万ボルトをテテフが高乱数で2発受けることが出来る為,確率的には良い勝負になることが分かります.

 

②霊獣ボルトロスが控えめ(S補正無し)の場合

f:id:uji_yannn:20170705150501g:plain   VS  f:id:uji_yannn:20170705154607g:plain

 臆病          控えめ

再度試合開始!!

この場合,先ほどの調整によりカプ・テテフが上から攻撃を仕掛ける事が出来ます.チョッキや襷でなければエスパーZで無償突破することが可能です.また,チョッキや襷の場合はあちらの攻撃を1発確実に耐える事が出来るので,分の良い勝負になることが分かります.

①と②の考察により,以上のような調整で霊獣ボルトロスを対面から処理することが可能です.ちなみに,これと同じような戦況になるポケモンとして,メガリザードンが挙げられます.もしリザードンがSに性格補正を掛けた陽気個体である場合,フレアドライブを高乱数で耐えて返しのエスパーZで突破可能.Sに補正を掛けない意地っ張り個体である場合は,先制のエスパーZで無償で突破することが可能です.

 

と,ここまで主に対面での霊獣ボルトロスの対処法をみてきましたが,実際にバトン(メガ)バシャーモと対峙した時にどうすればよいかを以下に記述します.

f:id:uji_yannn:20170705150501g:plain   VS  f:id:uji_yannn:20170705150608g:plain

試合開始!!

1ターン目:素早さを上げる為にまずはバシャーモは守るを選択するのが安定です.仮に1ターン目からいきなり殴られたとしても,こちらのカプ・テテフは耐久に調整されている為,耐えてからの返しの攻撃で落とす事が可能です.こちらのカプ・テテフは,とりあえずサイコキネシスでも押しておきましょう.

2ターン目:ここは相手からすればバトンをするか普通に殴るかの択になりますが,ASぶっぱのメガバシャーモであれば基本的に殴ってくるはずです.というのも,こちらのテテフがスカーフである場合は耐久がないと見越してフレドラ安定になりますし,襷である場合は削っておかないと裏で突破出来ないからです.また,バトン先が霊獣ボルトロスの場合は安易に受けきれない事も考えられます.なので,このターンもカプ・テテフ側はサイコキネシス安定になると思われます.

ただ,バトン用の霊獣ボルトロスは素早さに振られていない控えめ個体であることも多いため,バトンタッチを見越してサイキネZをぶっぱすることもアリだと思われます.もしバシャーモ側がバトンタッチでボルトに繋いだ場合は無償突破可能,居座った場合はバシャーモを突破して後の霊獣ボルトロスに加速をさせないまま対峙することが出来ます.

f:id:uji_yannn:20170705150501g:plain   VS  f:id:uji_yannn:20170705154607g:plain

3ターン目:2ターン目で素のサイコキネシスバシャーモを落としたとすると,霊獣ボルトロスが裏から出てきます.この場合,こちらのカプ・テテフはサイキネZを消費する選択をとります.普通に10万ボルトを押されると落とされてしまいますが,耐久のあるテテフを見てもし悠長に悪巧みを積んできた場合,無償突破することが可能となります.また,ボルトロスが控えめの場合でも無償で突破することが出来ます.

以上がバシャバトンでの立ち回りとなります.2ターン目で少し択が発生していますが,それは裏への負担や相手のパーティを見て適切な選択を行ってみてください.

 

他にも,上記の調整によって色々なポケモンに対応することが可能になります.気になるダメージ計算につきましては,主要ポケモンのみ以下に掲載しているので,ご参照くださいませ.

 

☆ダメージ計算一覧

火力には全く努力値を振っていない為,エスパーZ以外の火力が無いことに注意! 

マキシマムサイブレイカー(サイキネZ)>

・H186-D100霊獣ボルトロス・・・118.2〜140.3%(確定1発)

・H185-D105メガリザードンX・・・114〜134.5%(確定1発)

・H185-D135メガリザードンY・・・89.1〜105.4%(中乱数1発(31.3%))

・H202-D110メガボーマンダ・・・100〜117.8%(確定1発)

・H162-D125ミミッキュ・・・109.8〜129.6%(確定1発)

・H192-D115輝石ポリゴン2・・・67.1〜79.6%(確定2発)

※すべてフィールド込みのダメージになっております. 

 

ムーンフォース

・H171-D110メガボーマンダ・・・87.7〜102.9%(低乱数1発(12.5%))

・H202-D156メガボーマンダ・・・51.4〜62.3%(確定2発)

・H182-D105ガブリアス・・・83〜99.4%(確定2発)

 

<気合玉>

・H193-D131ヒードラン・・・53.8〜64.2%(確定2発)

 

<10万ボルト>

・H204-D121テッカグヤ・・・42.1〜50%(超低乱数2発(0.39%))

・H177-D150カプ・レヒレ・・・38.4〜46.3%(確定3発)

・H202-D120ギャラドス・・・85.1〜100.9%(超低乱数1発(6.3%))

 

<目覚めるパワー(炎)>

・H177-D120メガハッサム・・・65.5〜79%(確定2発)

・H181-D184ナットレイ・・・41.9〜50.8%(超低乱数2発(0.39%))

 

☆被ダメージ計算一覧

耐久に努力値を振ったことによって,色々な攻撃を1発耐えることができる耐久を得ることが出来ました!

<物理耐久>

・A233(特化)メガバシャーモフレアドライブ・・・84〜99.4%(確定2発)

・A182(A252振り)メガリザードンXのフレアドライブ・・・85.2〜101.1%(超低乱数1発(6.3%))

・A156(特化)ミミッキュの命の珠シャドークロー・・・87.5〜102.9%(低乱数1発(18.8%))

・A156(特化)ミミッキュのじゃれつくZ・・・82.2〜97.6%(確定2発)

・A121(無振り)テッカグヤのヘビーボンバー・・・88.7~104.1%(低乱数1発(25%))

 

<特殊耐久>

・C197(C252振り)霊獣ボルトロスの10万ボルトZ・・・85.2〜101.1%(超低乱数1発(6.3%))

・C197(C252振り)霊獣ボルトロスの10万ボルト・・・44.3〜52%(低乱数2発(15.6%))

・C161(特化)カプ・レヒレハイドロポンプZ・・・74.5〜87.5%(確定2発)

・C211(C252振り)のメガリザードンYの大文字・・・85.7〜101.7%(低乱数1発(12.5%))

・C222(特化)ギルガルドシャドーボール・・・88.7〜104.1%(低乱数1発(25%))

 

☆その他,疑問に思われた点につきまして

ここでは,今までの記事の中で皆様が疑問に思われている事について,追記するスペースとなっております.ここでの内容は,後日編集して追記できればと思っております.

 

☆終わりに

この記事ではカプ・テテフというポケモンに焦点を当て,単体での考察をしてきました.ですが,実際に戦うのはカプ・テテフだけではなく,周りのポケモンを含めた6体のポケモン達です.それぞれのポケモンがそれぞれのポケモンに対してメタを張る想定で,皆様もパーティを構成なされていることと思います.この『信用可能カプ・テテフの調整案』についても,あくまで1つの参考例として捉えていただければ幸いです.

色々と考察した結果,長々とした記事になってしまい,大変申し訳ありません.ここまで閲覧してくださった皆様,本当にありがとうございました!

また次回の記事でもよろしくお願いします!

それでは(^^)